FC2ブログ

暖冬

番外編
12 /01 2007
東京でもやっと秋めいて来たと思っていたら、世間はすでにクリスマスの準備が始まっています。
CA340009.jpg
クリスマスなんてまったく縁のなくなったオジサンですが、綺麗な飾りつけを見るとなんとなく楽しい気分にはなりますね。
しかし、飾り付けを施した木々には薄っすらと紅葉した葉がたくさん残っており、なんともヘンな趣きのクリスマスツリーです。温暖化は着実に進行しているようです。「暖冬ですねぇ~」などと笑っていられるのも今のうちかも知れませんね。

続きを読む

秋田帰郷

番外編
08 /12 2007
夏の真っ盛り、今年も秋田県横手市に行ってきました。
秋田といえば米どころ酒どころ(美人どころでもあるらしい)、ここ横手市平鹿町にも造り酒屋が数件ある。あちらこちらに水路があって湧き水がこんこんと湧いており、まさに水どころ秋田という感じがするのだった。
P1000307.jpg
↑平鹿町浅舞の琵琶沼
トゲウオ(イバラトミヨ、トミヨ)がたくさん泳いでました。
米はほんとうに旨い。どこの店に行っても旨い。この米と水で酒を醸せばさぞ旨い酒が出来るのだろう。
P1000310.jpg
↑朝舞酒造(銘酒 天の戸の酒蔵)
私は酒を飲まないので良くわからないけれど、秋田の酒はほんとに旨いらしい。
実は麺も旨いのである。稲庭うどんは有名だが横手やきそばも旨い。
P1000324.jpg
↑横手名物 横手やきそば 旨いです!
P1000322.jpg
↑俳優 柳葉敏郎氏の展示室「ギバちゃんの部屋」
私は興味ないけれど美男どころでもあるらしい。大仙市刈和野にて。

以上で秋田帰郷のレポートは終わり。えっ?釣りですか?わっはっは、秋田は魚どころでもあったのだった。はい、もちろんテンカラもやってきました。
つまらんレポートはどうでも良いから釣りのレポートをさっさとやらんかい!という声が・・。すみません、釣りのレポートはこの次に。

番外編 アナゴ釣り

番外編
05 /20 2007
夜アナゴに行ってきました。夜アナゴといってもそんな種類のアナゴがいるのではなくアナゴの夜釣りです。
夜ならアナゴよりオナゴのほうが良いではないか?などと考えるようでは既におじさんで、私もどちらかと言うとそっち方が好きである。
アナゴも好きだが、アマゴも大好き、でもキレイなお姉さんはもっと好きです。
そんな話はどうでも良くて、アナゴ釣りのレポートです。
P1010092.jpg
P1010093.jpg
↑雨よやんでくれ!と天を仰ぐ釣りバカ二人

今日は、地元大田区の「かみや」さんに、釣り仲間二人と共にお邪魔しました。毎年アナゴ釣りでお世話になっているとても親切な釣り宿です。
釣れたアナゴを見て「まあ、立派だわん♪」などと言うオナゴなどが居るはずもなく、むさい野郎だけのナイトクルージングと相成りました。
宿に着いた途端に雲行きが怪しくなり、突然のスコールが始まったのだが、午後6時の出船時間にはなんとか雨はおさまり北風が残るなか無事出船となったのだった。
P1010095.jpg
↑振り落とされたのか?他の客はダレも居ないぞ!。なんてことはなくて賢いお客はサッサとキャビンに退避中。

かみやの名物船長’金髪船長’の絶妙な操舵で、ウネリの残る東京湾をフルスロットルで木更津・君津沖を目指したのだった。
最大風速10mの中、遠征用(といっても東京湾口まで)の高出力エンジンを積んだ1号船はあっという間に木更津沖に到着したのは良いが、ミヨシに陣取ったにもかかわらず海水シャワーをふんだんに浴びてしまった我々はその身を北風にさらすハメになったのだった。しかもケツの痛いこと言ったらもう、あまりの衝撃にケツが二つに割れるのではないかと心配になった程だった。
P1010100.jpg
↑揺れる船上でアナゴをさばく船頭さん。名人芸である。
ポイントに着いて見るとウネリは相当残っており、海底をオモリで小突いて釣るアナゴ釣りには最悪の状況だったが、なんとか型を見ることが出来たのはさすが’かみや船長’、感謝であります。本日の釣果は、30cm~40cmの中型アナゴが5匹と、竿頭が6匹だったことを思うとまずまずだったのではないだろうか。まあ釣果はともかく久しぶりの東京湾の夜釣り、しかも江戸前アナゴとくらあ、こちとら上機嫌だってなもんでぇい!と、すでに江戸っこ気取りのお茶テンです。
P1010105.jpg
↑出た!テンカラ界への掛け橋。なわけないでしょ。宿近くの’てんくうばし’です。

おわり。

写真提供:ソルティ飲茶さん。スペシャルサンクスです。

番外編『カワハギ釣りに行ってきました』

番外編
11 /26 2006
P1000214.jpg
11月25日(土) カワハギ釣りに行くべく神奈川県は佐島の’志平丸’さんにおじゃましました。集まった仲間は総勢6名、まずまずの天気の中、船は佐島真沖通称:亀城根に舵を向けて7時半に出船となりました。潮風を切って進むあの独特のエンジン音と波を切るあの音、う~ん!やっぱり沖釣りは良いですねぇ。

続きを読む

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪