お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2010 信濃大町テンカラミーティング & 講習会
北の安曇野渓流会主催のテンカラミーティング&講習会に参加して参りました。
会場はもちろん北安中部の高瀬川上流、葛温泉であります。
開催時間はお昼過ぎからですから、素直に朝寝坊してゆっくりと出掛け・・るわけがない。
前日の深夜に夜を徹してクルマを飛ばしたのは当然よお!
[続きを読む]
スポンサーサイト

遅ればせながらの初釣行・・・。
こんにちは、お茶テンです。
ゴールデンウィーク(GW)もとっくに明けましたが、皆さんお元気でしょうか。
休みボケは解消されましたでしょうか。
きっと休み疲れで週末は皆さんグッタリだったしょうね、って余計なお世話ですか、そうですか。

私はといえば、GWは殆ど休みがなくて先週末にやっと週末らしい休みが取れたわけでして、
まあ別の理由でグッタリなわけですけど、お陰さまで休みボケの感覚はありませんでしたね。
そりゃそうでしょう、普段が天然ボケなんだから・・ってヤッカマシイわ!!

失礼しました。
そんな訳で、おかげさまでやっとこさテンカラに行ってきました。
今までが天候不順だったこともあり、かなり遅いスタートになりました。
とはいえ、先週もやたらと涼しい日があってその時の東京の朝の気温は10℃でしたし、
群馬の山間部では積雪もあったそうです。
しかしそんなことは気にもせず、それいけと長野の川に出発したのは良いのですが、
途中の諏訪湖SAで気温0℃ですからね、これではとてもテンカラシーズンとは言えないですね。
って、すでに釣れない言い訳モードに入ってることを察したアナタは、鋭いお方です。
そう言えば、テンカラにもゼロ釣法が存在するらしいですね。
私はとあるホームページでそれを知りました。
とあるもなにもテンカラ大王様のページなんですけれども。
とあるページ→http://aitech.ac.jp/~ishigaki/tenkara/2010/asuke.htm
さてそれが果たして気温ゼロでも通用するのかどうかで、今日はなんだかワクワクしてます。(しませんよ)
もしかして、ゼロの意味を履き違えているような気もしますが・・イヤたぶん気のせいでしょう。(私がです)
でもって結果を先に申しますと、お陰さまで私でもテンカラゼロ釣法を体験することが出来ました。
しかし以前から同じような体験を何度もしてるような気もしました。
これはもしかしてデジャブなのでしょうか。
あっ、結果を先に言ってしまいましたが皆さんどうかブラウザを閉じないでください。
これからレポートが始まり・・ってほら、そこ! だから閉じるなって。

で、先ず最初に行ったところは天竜川支流の三峰川水系です。
P5150038.jpg
いつも必ず先行者がチラホラといる川なのですが、今日は先行者は皆無のようです。
いっちば~ん!なんて心で叫びながら河原に降りてみると、なんとなく川が静かなんですね。
静かっていうかその・・流れがサラッとしてて粘りがないというか・・ウマく言えないのですが、
ようは生気が感じられないのです。(余計わかりにくいです)
そこでためしに手を水に浸けてみて、ああビックリ、ほとんど氷水でした。
それはまるでカキ氷の下に溜まった水のようでした。
これではアマゴもこめかみがキ~ンとして、毛鉤なんか追ってる場合ではないでしょうね。
って、アマゴのこめかみってどこよ? そんなこと知りませんがな。
そんなわけで、お約束のチビも出ないまま昼になってしまったのでした。

午後は三峰川水系をあきらめて、同じ伊那市を流れる小黒川という川に行ってみました。
P5150039.jpg
ここは水温も水量もバッチリで先ほどの川にくらべればええ湯加減という感じです。
しかしココでもまったくの反応がなく、川虫までお留守のようでした。
そこで思わず天を仰いだらビックリ仰天、木の上から枝越しに睨んでる人がいるじゃないですか。
P5150040.jpg
何のことはないお猿さんなのですが、マジで一瞬’猿みたいな人’かと思いました。(天然ボケなので)
まさかこのへんで猿人が出るとは知りませんでした。(だから猿だって)
しかしこのお猿さんGW明けでお疲れモードなのか、アクビなんかしてて逃げる様子はまったくないようでした。
それに良く見れば向こうさんは一個小隊はいます、逃げるのはこっちの方かも知れません。
思わず「別に逃げても良いんだよ!サルものは追わず なんちゃって!」と、
猿もどん引きするほどつまらないことを言ってしまいました。
猿の顔が赤から青に変わったその隙に、猿まねテンカラ氏はスタコラと竿を仕舞ってそこを退散したのでした。

追伸:釣果報告をGの男@長野さんにしたところ、これが送られてきました。
dc051702.jpg
同じ日に近所の川で釣ったそうです。ホント、Gの男さんって良い人ね!

それではまた。

思い立ったが遠山川(Gの男@長野さん)

(遠山川のイワナ)
今年は馬瀬川のアカデミーは欠席でしたので、土曜日、K川でお茶を濁しました、午後3時間ほどで、中小の岩魚が1尾ずつのみでした。まだ表層まで出てくる感じではなかったです。
で、翌日の日曜日は天気も良いので、午前中の所用がすんでから、ふらっとツーリングのついでに4月の鬼塾の時申し込んだ遠山川の年券を取りに飯田市(旧南信濃村)まで行って来ました。
[続きを読む]