毛鉤師はマジシャン?

未分類
03 /17 2006
「餌釣りは詐欺師、毛鉤釣りは手品師」という言葉を何かの本で読んだ。
なるほどな、と思った。だって本物の食べ物に針を仕込むんだからこれって詐欺かも知れない。
それに比べて毛鉤、少なくともボクの作った毛鉤は川を流れるゴミ以外の何ものでもない。
そんなゴミを使って、たま~に魚が釣れたりするもんだから、こりゃもうマジックだね。
P1000100.jpg
(お茶テン作)
お前の場合はミラクルもしくはラッキーだろ!ってか?
でもね、フライが本当のマジシャンだと思う。
だってフライってすごく美しく精巧にできているものが多いじゃないですか。
それにあんな粉みたいな小さなフライもよく作れるよなあ、まさしくマジシャンです。
P1000096.jpg
P1000097.jpg
(飲茶さん作)

追伸:ルアーは?。ミノーならまだしも、何でスプーンで釣れるの?自分で釣ってて全然わからない。ゼムクリップに板オモリ巻いて、針を付けたらニジマスが釣れた。
これ、まさしくミステリーです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうですか、云い得て妙ですね。
しかし、自作の逆さ毛バリ、いい趣ですね。
(こちらの貴blogを弊blogからリンクさせていただきました。HPについてはもう少々ご容赦下さい。)

blog、HPともにリンクを貼って頂き、誠に恐縮です。写真の逆さ毛鉤、お褒め頂き光栄です。
ちなみに針はルアー用の大きめな奴を使ってます。師匠の倉上氏が考案され、老眼毛鉤と命名されております。アイの部分が大きいのでハリスが通し易いからだそうです。私は夕マズメなど手元が暗いときなどに使用しております。

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪