お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋田帰郷と送り盆まつり
秋田県横手市に帰郷してきました。
避暑も兼ねた帰郷になるぞという期待はピッタリとハズレ、
東北秋田はドピ-カンによる酷暑と熱帯夜でございました。
そんななかでも夕涼みを兼ねて、ちっとも涼しくなかったけど、
横手市の夏の風物詩「送り盆まつり」を見てきました。
市内を流れる横手川では精霊流しが行われ、
橋の上では夕闇とともに各町内から、
丸太と稲わらで組み上げられた屋形舟が次々と現れました。
P1000562.jpg
P1000564.jpg
P1000567.jpg
P1000568.jpg
全長約8メートル、重さ約800キロほどもある船を、
まるで神輿のように担ぎ上げしかも互いを衝突させるというそれは勇壮なるものでした。
精霊流しと屋形舟担ぎ、静と動が対照的なとても印象深いお祭りでした。
以上、秋田県横手市の送り盆まつりのレポートでした♪
おわり。

!!?
おい!釣りはどうした!?
そうでした。ちょっとだけテンカラ竿を振ってきましたのでショートレポートですがどうぞ!
温泉宿(といっても安い公共の宿)のロビーにてチェックインにはまだ1時間ほど早いと言われました。
仕方がないので家族をラウンジ(ただのソファ)に残し、
それいけ!と宿の下を流れるY川に降りてみることにしました。
とはいえ、たった1時間でしかも準備に掛かる時間を差し引けば45分もありません。
入渓点すらよくわかんないのに、これで結果を出せなんてムチャです。
って誰も出せとは言ってませんね。
でも出ちゃったところが、さすが東北秋田の渓です。
釣りバカの勘で川に降りた目の前の浅瀬では、いきなりチビちゃんの走る姿が・・・。
P1000570.jpg
(↑降りるとこんな渓相でした。)
あらら?居るじゃないの。
いつものごとく小型ヤマメに翻弄されながらも、目を付けたポイントで今まさしくその時!?に携帯電話の呼び出し音が・・。
P1000572.jpg
P1000573.jpg
(↑秋田ヤマメ。すべてこの程度のサイズ。)
それに気を取られラインを張ってしまった矢先にガツン!とアタリ、
良型がもんどり打って深瀬に消えていきます。
あああ・・・と思っても後の送り盆まつりで、いくら打っても後はシーンでした。
P1000569.jpg
(↑上はこんな渓相。あの岩の向こうで良型が・・・。)
「ま、いいか。ヤマメの顔が見れただけでも御の字ですから・・」と、
自分に言い聞かせながら静かに竿を仕舞いました。
うん!この欲の無さが如何にもテンカラ師らしいセリフです。
でも本音は・・・、
「今年はこれで勘弁してやろう!でも来年はそうはいきませんからね!それまでは悠々と泳いで待ってなさい!」
と、悔し紛れのセリフを吐きながら川を上がった私はやっぱりタダの釣りバカでした。

おわり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お帰りなさい。
お疲れ様でした。
ただの、帰省紀行でないところが流石です。良さ気な渓ですね。
灯籠流し、風情があって良いですね、涼しげです。
いやいや、暑かったのですね(笑)。今ではゴミの問題で
下流部に定置網を掛けて、後で回収するところが殆ど
で大変みたいですが、良い物はよいですね。
現場で暗くなってみるともっと幻想的なんでしょうねぇ。
 ところで、我が海無し長野県にもお船祭りというのがあり、
全く同じ様に、船を造ってぶつけ合います。
今度、大王様のテンカラミーティングのある安曇野の穂高神社です。
 伝承では、この辺の人たちはもともと九州方面の安曇族と言う海洋民族で
あったのですが対馬海流に乗って北上してきて、上越地方から北アルプス姫川沿いに
遡行?してこの地域に定住したそうです。地名は安曇族から来ているとの事。
でその穂高神社お船祭りはその海洋民族の名残のお祭りだそうです。
 そう言えば上越地方をそのまま北上していくと酒田に出ますね。
案外、ルーツは一緒かも!   その影響か、この辺は
正月は新巻鮭でなく寒ブリを食べる習慣です。
おっと、話がそれて、とんでもない方に行ってしまいました。
これから明日、明後日は軍団員、Mさんと一緒に
某氏の案内で某所に釣行に行って来ます。
ご報告できればと思います。ではでは。




【2009/08/21 19:37】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]

Gさん、どうもどうも。
ただいまです。おかげさまで無事に帰って参りました。
横手のお祭りは、昔にあった大飢饉で亡くなった方々の供養が始まりだそうです。なぜ船なのか不思議でしたが、以外とそのヘンがルーツかも知れません。何故なら写真では分かり難いのですが、船は明らかに海の船のように見えましたので。
釣りに関してはほんとラッキーでした。釣りをしたとは言えないほど短時間でしたけどね。
Mさんとの釣り、是非とも良い釣りができますように♪
では。
【2009/08/21 22:58】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/101-cd8e7caa



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。