お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


AVATAR
久しぶりの更新ですが、皆さんお元気でしょうか。
わたしは元気です。(ダレも聞いてません)
相変わらず寒い日が続いてますが、テンカラやってますか?
やってるわけねえ!ってか、そうですか。

わたしといえば週末はDVD映画鑑賞とかでほとんど引きこもり状態です。
こんなことではイカン!と思いまして先日に映画を観に行きました。
あまり変わらないような気もしましたが、それはたぶん気のせいです。

(引用)公式サイト http://movies.foxjapan.com/avatar/ より

さて映画ですが観るならこれだ!と思ったのがオーシャンズ。
でもちょうどその日は公開日直後だったらしくかなり混雑中でした。
混雑がニガテなのであっさりと諦め、隣のアバターにチェンジ!、
とまったくポリシーのかけらもありませんね。

ところでアバターってどんな映画でしたっけ?
宣伝ポスターにはなにやら出来損ないのブルーマンみたいなのがいます。
気持ち悪い映画だったらどうしようと一抹の不安がよぎりましたが、
覚悟を決めて観て見ました・・・、やっぱり気持ち悪いです。
こっちが青くなりました。ブサイクブルーマンは私の方でした。
でもそれは最初だけで、1時間もすれば青い女性がとてもセクシーに見えてきたのですね。
まさしくアバターもエクボーですね。寒いですかそうですか。

幻想的な世界’パンドラ’に生きる先住人達と、
経済優先でエゴ丸出しで未来でもちっとも変わってない醜い人間達(人間の方が醜いです)
があまりにも対照的であり、また人間として恥ずかしくも思えてきました。

と、まあまだまだ上映中のことですし、ネタバレはどうかと思いますのでこのへんで。
しかしさすがジェームスキャメロン監督です。映像に妥協を感じられません。
ちなみにわたしは、3Dではなく通常版を鑑賞しましたが(3Dは酔いそうだったから)、
それでもかなりの迫力とスケールで、観客をスクリーンの中の世界に引き込みます。
サブタイトルの「観るのではない。そこにいるのだ。」のとおりです。
また、わたしはいつもより少し前の席で鑑賞してみたのですが、スクリーンが近いほうが
より迫力があるので、これは大正解でした。
観てない方は是非観てみてください。

以上、ネタがないので・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
私は3Dで2回みました、3Dの研究もしたことがあるので、映像はかってないものです。3D酔いはありません。遠近感の中でも落ちていく場面(深さ)に対してはまったく違和感がありません。トーキー、カラーにつぐ、第3の革命です。今後3Dになっていくでしょうが、アバターのような4年もかけたコンテンツが続くかどうかでしょうね。オーシャンズもいいですよ。フランスものです。イギリスBBCがアースとかデープブルーを出していますので、フランズだって負けてはいられないぜムッシュみたいな内容で、つまり、これらの後追いで斬新さがないのです。オフシーズンには映画を見まくる私でした。
【2010/02/01 08:58】 URL | 大王 #./AII5Ks [ 編集]

大王さま、コメント頂きありがとうございます。
この3Dについてちょっと調べてみました。
XpanD社の液晶シャッターなるものらしいですね。

先生のHPにあるインパルスと同類のものでしょうか。
技術的なことはよくわかりませんけれど、3D酔いがないのでしたら是非試してみたいと思います。
もちろん設備のよい映画館で。

【2010/02/01 23:33】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

3Dについての追記です。
にわか知識で恐縮ですが、
現在の映画における3Dにはさらに3つあって、
RealDとDolby3DそしてIMAX 3Dと呼ばれるものらしいことがわかりました。
それぞれメリットとデメリットがあるみたいですが、
なかでもIMAX 3Dは特殊なようで、コストの関係なのか普及には至らないようです。
わたしはラッキーなことに近くに劇場(川崎)があるので、是非観に行ってみたいと思います。
【2010/02/02 17:52】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/125-905e76fb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。