お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カシマ作戦「2日目」レポート(Gの男@長野さん)
去る8月27,28日に恒例となった軍団茶鱒掃討釣行「カシマ作戦」
が決行されました。今回の参加人員は総勢13名、宿泊者は12名と
釣行会としては過去最大規模となりました。果たしてどうなる事でしょうか・・?
籠イワナ2日目
26日の深夜集合場所の大町温泉郷某所に向かいます。
すでに前日入りして釣果をたたき出した、M田さんと坊主氏がすでに近所の居酒屋でいい心持ちになっている。
はよ来い!との事で合流します。23時過ぎにすでにM君は到着。
前夜祭簡素Ver
(深夜作戦会議中)
その後、木曾の末川講習会ではじめてお会いしたカリメロさんも到着です。
先発隊の情報では、籠、鹿島とも濁り増水ともなく好コディションとの事。
その後、倉上団長の本隊が到着、仮眠後の明朝5時には全員集結完了であります。
朝礼?で肝になる川割りをしていよいよ釣り開始です。
私とお茶テン氏は今回初参加の皆さんに鹿島優先と言うことで籠川に入渓することとしました。
・・・で、ここで鹿島がっつりレポートに戻る、なんちゃって。
さあ、入渓!.JPG
(↑いざ出陣。お茶テンであります。)
スリット堰堤
(↑スリット堰堤)
籠川初日お茶テン氏.JPG
堰堤を攻める!.JPG
(↑滅多に見れない?見たくない!?お茶テンの釣り姿。貴重なお写真?です)
堰堤を責める?.JPG
比較、手前にお茶テン氏.JPG
(↑手前にお茶テン。そびえ立つスリット堰堤)
籠川上流.JPG
(落差のある篭川)
1イワナ初日B
2初日イワナC
3イワナ初日
(篭川イワナ)
がっつりレポート通り、鹿島、籠川ともに釣果は良好でした。
鹿島ではお約束の茶色いヤツも。
で、夕まずめ川割りでも籠川を選び、今度は坊主Aさんと同行です。
朝方より幾分か水位が落ちて遡行しやすい感じです。
この時も朝と同じく入渓後、遡行とともに釣れだし、
夕マヅメと言うこともあり、朝より幾分か良い感じでした。
おかげで帰りの林道は暗闇で、ちょーっと怖い感じでした。
幸い同行者が熊殺しの異名をとる!?
軍団きっての格闘家坊主Aさんなのが心強いです。
焼き名人
(↑焼き名人こと、クマ厄除け大師の坊主さん)
その後、薬師の湯で汗を流し大町駅前の旅館に向かいます。
時間の関係もあり今回は素泊まりなので夕食がてら近所の「養老の瀧」で宴会となりました。
昼間あれだけカロリーを摂りまくったのにとてつもない大皿で料理が出まくりです。
圧巻は尺上どころか40オーバーはあろうかという大皿に山と盛られた焼きそばの大群です。
がこれも秒殺です・・・・、というかこれが一番人気だった?
お会計後は宿に帰って酒盛りという話でしたが、私も部屋の布団の上で秒殺でした。

翌日は日帰りのお茶テンさん、早上がりのM田さん、坊主Aさんが抜けて
若干ボリュームダウンしましたが、残りはまだまだ元気です。
7時集合と若干ゆっくり目の時間に鹿島川に集合再度川割りです。
昨日夕方、倉上団長が爆釣したという鹿島上流のプールがあると言うことで、
何名かはそちらに向かいましたが私は今度はカリメロさんを案内して、
再度籠川の同じポイントに行くこととしました。
今日は日曜日の朝だけあって下流のポイントはすでに車が止まっており、どうかな?と心配になりましたが目的地点は先行者は
無いようでした。
水量は一晩で更に減っておりました。カリメロさんには入渓点より上がれば上がるほどいい感じですと説明して釣り上がります。
減水して遡行しやすくなったのはよいのですが今まで釣っていたポイントが干上がってしまう感じで、ちょい勝手が違ってきました。
カリメロさんも結構いいペースで釣り上がり、途中で順調に釣れているようです。
私の方は2日間で3回目(笑)なのでさすがに同じポイントでは反応が鈍く感じられます。
それでも最上流の堰堤下付近まで行くとそれなりに反応があります。
籠イワナ二日目C
だいたいここで良い時間になりカリメロさんと脱渓です。ちょうどそこに北安中部漁協の監視員さんの登場です。
実は昨日もお会いしましたが2名で組んで漁協の軽トラで巡回しておりしっかり河川管理されている様でした。
話を聞くとこのポイントは結構しっかり放流をしているとのこと、堰堤下の魚影が濃かったのと放流魚らしきものが
結構釣れてきたのに合点が行きました。
昼食に20分ほど離れた鹿島川に戻ると、ちょうどその監視員さんが軍団本部に来ておりました。
ちゃんと廻ってますなあ(笑)。今日の予定は森の中を流れるつめたーい水で締めたそうめんです。
ただ、昨日の焼き肉の和牛カルビが丸ごと残っていたので、ガスストーブとフライパンでお手軽焼き肉です。
昨年、そうめんが足りなくなって非難囂々だった軍団長は親の仇とばかり稲庭うどんとそうめんを持ち込んできました。
天気も今日は完全回復して、気温もかなり上がってきていてよく冷えたうどん、そうめんの美味い事美味いこと!
これだから夏の鹿島はやめられませ~ん!!昼食後のま~ったりした時間を過ごした後、いよいよ撤収作業です。
「来たときよりキレイにして帰る。」
まったり~.JPG
(まったりと)
オートバイのツーリングでキャンプをしていた頃、心酔していた野宿ツーリングの達人、寺崎勉氏の言葉です。
まさにその通りです。特に自然の中や、地元の人たちの場所をお借りして行う釣りの場合は特に気をつけなければと思うのです。
それをしないで立ち入り禁止になった場所がいくつもあります。
ま、道徳めいたことはともかく、また来年の再会を期して解散です(そんなTV番組あったね!?)
本陣でござる.JPG
(また来年も集まるべ)
で、我ら地元組はどうしようか、ということになり、帰りがけの駄賃とばかり噂の鹿島上流爆釣プールに行ってみることとしました。
メンバーはカリメロ氏、Mくんと私です。すでにこのポイントでやっとというMくんは下流から入渓して我々二人がポイントに入りました。
これで最後は爆釣して締めかな~などと考えておったのですがビクともしません。
確か白系の毛ばりで誘えば出たらしいな~、と思っていろいろやっても一回パチャッと出たのみでバッツ~!
その後暗くなるまで釣り続けましたが、カリメロさんが一尾つり上げたのみでございました。
よく考えたら私は今回鹿島イワナを一尾も釣ってない! 
この期に及んで課題が出来ちゃいました。最低もう一回は来ねば!

(Mさん撮影お写真追加↓)
旅館の朝
(↑2日目朝の作戦会議)
2日目もカルビ♪
(↑2日目もカルビ・・。)
渓の鉄板焼き屋
(↑渓の焼肉屋さん)
やっぱり夏はこれです!
(↑夏はやはりコレですよね)
カリメロ氏in鹿島
(↑カリメロさんと自慢のタモ)
カリメロ氏の茶鱒
(↑カリメロさんが釣りました。アレ?これはGの男さんのイワナですね。)
透明度の高いプールをルアーで
(↑透明度の高いプールをルアーで)


おわり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
どうもどうも。
レポートありがとうございました。
掲載が遅れて申し訳なかったです。
2日目も引き続き好調だったようで。
よかったヨカッタ。
軍団の集まりには珍しく?
まあまあの日並でしたよね。
漁協さんもがんばってるみたいだし。
来年もさらに期待したいと思います。
ではまた。
【2011/09/04 23:56】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

こちらこそレポート作成遅くなって失礼しました。今年は昨年のような大雷撃部隊の襲来もなく天気に恵まれて幸いでした。年に一回の集合、なんか、伝説のテンカラ映像「○のフォー○ロア」みたいになってきましたね。あんなに洒落てはいませんが。来年は大町の山岳博物館に行かなきゃいけませんなあ。
【2011/09/05 13:49】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]

オイラがブログデビューしてる(笑)その黒い網に捕獲された岩魚は、オイラじゃなくMさんのですね!
山岳博物館…ガキの頃から数回行ってます。最近だと映画「剣岳・点の記」を見た後に行き、ついでにテンカラ関係の展示物も拝見してきました。

来年も皆さんとワイワイやりたいですね。
【2011/09/05 20:21】 URL | カリメロ #- [ 編集]

どうもカリメロさん。
失礼しました。
写真間違えてるみたいなので、コメントを訂正しておきました。^^;
山岳博物館、行ったことが無いので気になっているのですが、いつも釣りに夢中で素通りしております。
私ってダメですね・・。
【2011/09/05 22:24】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

カリメロさん、お茶テンさん。
いやー、私の画像ファイル名が間違っていたのが
全ての元凶でございます。失礼致しました。
たしかにタモの色が違いますっ。
【2011/09/05 23:53】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/186-bee254d9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。