お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



鬼塾in犀川本流 レポート(Gの男@長野)
すでにいろんなところでアップされているので今更感もありますが、
8,9日で犀川水系での鬼塾に行ってきました。
3正面から・・_R

8日は少し遅れて長野市大岡の道の駅に現地合流で駆けつけました。
現場には鬼夫妻と大阪の料理師Yご夫妻、おなじみのSさん、
長野組でカリメロさん、いつものM君が揃っておりました。
1到着!_R
2講習開始_R
このエリア、犀川本流の平ダムから信州新町にかけての
流域を管理する犀川殖産漁協は昨年からニジマスに限って通年遊漁がOKとなっております。
北海道や海外を思わせる太い流れはテンカラ向きとは決して言えませんが70センチクラスの
野生化したモンスターレインボーが釣れており、地元の釣具屋さんなどにはその写真がよく飾って
あります。そんな川での鬼塾ですが、鬼師匠はいかに攻略するのか?興味は尽きません。
そしてこの場所でまず鬼師匠が取り出した竿がなんとダブルハンドテンカラ竿、これに12M以上の
ラインを組み合わせてラインを水面につけてのまるでスペイキャストのごときキャスティングです。
圧巻であります。
しかし、このシステムを持ってしても広大な犀川では流心の手前側しか探れません。みんな限界まで立ち込んで
まるで鮎師です。
4黙っていればカナダ♪_R
5見事なバックキャスト_R
6ダム下を釣る_R
そのため午後はこのポイントに見切りをつけ水量がぐっと減るダム下の取水した水が本流に流される手前の
一見渇水域に見えるところで挑戦です。少なく見えるとはいえ、ちょっとした小渓流並みの水量はあります。
実はこのポイントに入る前に少し下流の流れが復活しているところを見てきたのですが、ちょうど対岸のルアーマンがなにやら魚をかけファイト中なのに出くわしました。弓なりのロッドを必死で押さえていたルアーマンは流れに乗った魚を止めきれず100M以上下流まで引きづられ20分ほどのファイトの末ラインブレイクしてしまう一部始終を見ることが出来ました。やはり凄いのはいるのです。
ここでは毛鉤を緩い流れの底に沈めてボトムを引きずるように誘うのが常套手段とのこと。そうこうしているうちに鬼師匠が型のいいニジマスをばらしたとのこと。 その後カリメロさんがやはり沈めて25センチほどのニジマスを釣り上げ、そしてそれが今回唯一の釣果となってしましました。
7ダブルハンドテンカラ! マジでっ!_R
8すでにテンカラのスタイルではありませんっ_R
9広い!_R

この日の泊まりは穂高温泉郷にあるログハウスの貸別荘です。地元の私もこんなのがあるのは気がつきませんでした。室内はなかなか豪華です。ログハウスと聞いていたのでもっとシンプルなところかと思っていたのですが、IHコンロやレンジのあるキッチンはあるし大型の液晶テレビなどの設備がしっかり充実しています。壁にはキングサーモンや、アメマス、などの剥製、イトウのイラストなどが飾っており釣り人感は満点です。
夕食はプロのYさんが腕をふるっていただき、これまた豪華としか言えない食事が楽しめました。
中でも出汁のきいた地元のキノコを使ったキノコ汁と雑炊は絶品でありました。今度まねてやってみよう・・
翌日はしばしのキャスティング朝練の後朝食でしたがこれまた美味し!でありました。
10ログハウス内_R
11キノコ汁、ジンギス、刺身etc・・_R
11これから夕食_R
11薪ストーブもあります_R
12こんなのも_R
13こんなの釣りたかった_R
14イトウとヤマメ?_R
15朝食_R
16竿談義・ん、テンカラ竿じゃないぞ?_R

2日目は殖産漁協エリアをやらないとのことでしたので昨日の講義の実践と復習のため(ストレス解消)池田町にある管理釣り場「ハーブの里」に行くことにしました。
田んぼの真ん中にあり入り口も目立たない事もありほとんど地元アングラーばかりです。そしてなんと1時間1000円から対応してくれます。そしててんからOKです。(今のところ) 案の定我々テンカラ組は入れ掛かりです。
20テンカラ一派in管釣り_R
21みんなで管釣り_R
22さらに鬼師匠も_R
23M君_R
24M君も_R
25カリメロさんも、_R

その後、ここに安曇野在住のK北画伯がお見えになりここで昼食に蕎麦を食べに行く鬼師匠達とまだまだ粘る長野組と別れ今回の鬼塾は終了しました。
課題の犀川ド本流は厳しかったものの、魚も釣れたし、宿と食事がすばらしかったので満足であります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
鬼塾、ご苦労様でした。
ほんと遠くで見たらとてもテンカラには見えませんね。
まるで鮎のコロガシでもやってるみたいです。^^;
そういえば、テンカラの語源らしいと大王様が仰っていたテンガラってコロガシでしたっけ?^^;

【2011/10/15 14:52】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

ちょっと毛色の変わった鬼塾でしたが
大いに参考になるところが多く良かったです。
とはいえ、今回のメインは宿と食事でしたね。やはり。
ハーブの里は例の松本テンカラ忘年会の会場です。

【2011/10/15 18:34】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]

初参加の鬼塾でしたが、とても楽しかったです。あの宿は、人数さえいればリーズナブルでいいですね!
【2011/10/16 04:39】 URL | カリメロ #- [ 編集]

虹鱒
こんにちは、横浜K上組のSです、連休に団長と社長さんと荒雄川遠征して来ました。
40~50がポッポッ釣れました、今年の魚は引きがイマイチで糸鳴りするのが出ませんでした。
【2011/10/16 08:09】 URL | といやん #- [ 編集]

カリメロさん、お疲れ様でした。初日の蕎麦と温泉と殖産のニジさんのご機嫌はイマイチでしたが宿と食事は最高でしたね。以前、石徹白の鬼塾に一回参加してますが、それとはまた違って楽しかったです。
来季はシーズン中の鬼塾でご一緒しましょう。
【2011/10/16 20:32】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]

S隊長、東北遠征お疲れ様です。荒雄川のニジ、相変わらずかわらずでかいのが来ますね。今回、こちらはきびしかったです。次回はTTCでお会い増しましょう。
【2011/10/16 21:35】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/191-0bc4e312