お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒲田 双六 釣行記 (Gの男@長野)
賞味期限がかなりヤバいですが、
8月上旬に大王閣下より長野県中部地域のテンカラ師に蒲田川釣行の
お誘いメールがありました。盆前の時期なんで喜んで参加です。
5_M君ヤマメ26cm_R

ところが前日、大王閣下より連絡があり前日入りして竿を出したところ
水温が高すぎてまともなサイズがでないとのこと。
ありゃ~、というところですがせっかくなので朝イチの水温が上がる前に勝負です。
が、当日私が寝過ごしてちょっと遅めの朝6時ちょっと前に釣り開始です。
二週間前に来たときに比べてかなり、減水しているようです。
水温も確かに高めか・・  とりあえず前回調子の良かった区間に入ります。
減水してポイントが減っており、アタリも少ない感じです。
しかし、お約束のチビさん達がすぐに絡んできます。だいたい、15センチクラスが
メインでしょうか。
大王との待ち合わせ時間の9時ぎりぎりまでで最大が20センチのヤマメでした。
1蒲田のチビ_R
2ヤマメ似の虹ちゃん_R
3dc081405_R.jpg
そろそろ上がろうと先行していたM島君に追いついて声を掛けると
なかなかのサイズが釣れたとのこと。26センチと24センチの幅広ヤマメです。
6_M君ヤマメ24cm_R

待ち合わせ場所には同じく塩尻から、イカの夜釣り明けというYさん、大王閣下と
閣下のお仲間の牧野さんがすでに待っておりました。
Yさんは完全武装のスタイルでですが、
閣下はジャージ姿で早くも見切りをつけたようです。
で、どうするか? という話になり多少水温が低いだろう、双六川に行ってみることにしました。
有名河川ですが私は初めてです。
閣下が、車から降りてすぐ林道がすぐ脇を走っていて ~・・・、
という話でしたが、結構林道歩いて川までの斜面も急でかなりハード?
7双六川アプローチ_R
8双六川1_R
9Yさん_R

その分渓相水質ともに最高です。 
谷が深く、事故が多いという話でしたがたしかに増水したら危険な感じです。
川が大きいので5人で入っても釣りになります。
いかにもイワナの渓相でついつい石裏などをしつこくたたいていると大王閣下より
大場所数投勝負とのアドバイスをいただき、一気に遡行スピードが上がりました、が
なかなか反応しません。そんな中でも閣下と牧野さんはしっかりイワナをキャッチしておりました。
10双六2_R
11双六3_R
12双六4_R
13吊り橋が・・_R
14巨岩_R
15大王徒渉_R
16M君_R
17お疲れ様でした。_R

途中釣り下りのルアーマン+餌師がいたので一旦林道に上がり、一区間パスして再度入渓しました。
がここでも反応は芳しくなく、14時ほどで撤収になりました。
ここで、解散なのですが、M島君が2週間前に蒲田の神坂堰堤で落とした毛鉤ボックスを探したいとのこと
、蒲田にもどりダメ元で堰堤下の流れで遊びましたが予想通り×でした。
ここでルアーを試したいというM島君、ルアーでの初獲物をゲットしていました。
相変わらす釣り方が違っても魚に対しての引きが強い男です。
朝も早く、疲れもあったので普通ならこれからという17時くらいに川をでました。
そこで3名ほどのかなりやりそうなフライマンが堰堤下に入れ替わりに入りました。
全然ダメでした、と話すと、これから暗くなってからが大きいのがガバガバでますよとの事。
常連さんみたいです。
これで、終わりのはずだったのですが、梓川まで戻ってきたところで、
ちょっと欲が出てきて島々川の合流点付近で泣きの一回です。
暗くなるまで30分ほどがチャンスです。 
最初、島々川のスジの水温が低そうな方でやりましたが無反応。
かなり暗くなってから梓川の本流スジでまずは30超の梓川名物ブラウン、
そのすぐ後に向こうアワセで25センチクラスのイワナが来てくれました。
18梓川イワナ_R
19梓ブラウン_R

最後まであがいた甲斐がありました。(笑) 
ではでは。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
どうもお茶テンです。
お盆前日に蒲田と双六ですか、
いいですね。
みなさん楽しそうで、うらやましいです。^^
【2012/08/17 17:35】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

お茶テンさん、アップどうもありがとうございます。
なんだかんだで蒲田、双六でいい思いをしたのはM島君だけでしたから状況は厳しいの一言でした。
特に双六の帰りの林道は皆疲れ果てて無言の行進でした。
蒲田のフライマンの話や、梓川の結果を見ると暗くならなきゃダメだったみたいですね。
【2012/08/17 19:38】 URL | Gの男 #- [ 編集]

なるほど、夕まずめの一本勝負ですか。
釣る人のほうが、先に暗くなってちゃダメじゃん。
(^ー^;
【2012/08/17 22:35】 URL | お茶テン #LRATQsWk [ 編集]

う・う~~む・・・やはり夕マヅメなのね。運転手はビールを飲む時間に突入していますね(汗)。島々川合流点ね!そこで遊ぶのもいいな。なんせ、歩くのは疲れる運転手と王妃です^^;(^^)^^;。では、熊さんを征伐しに道東へ行ってきます(汗)。
【2012/08/18 07:10】 URL | 専属運転手 #- [ 編集]

からふる王国、いよいよ蝦夷地侵攻開始でありますね。
北の大地に見事、王国の御旗打ち立てて来てくだされ。
梓川本流、水質は・・・それなりです。
【2012/08/18 09:34】 URL | Gの男 #- [ 編集]

オイラに連絡があった時は木曽って話でしたが変更したようですね!
残念ながらどうしてもはずせない予定があり(泣)
【2012/08/18 13:24】 URL | カリメロ #- [ 編集]

カリメロさん。
いやー、今回は疲れましたよぅ!
ある意味不参加が一番賢い選択だったかも。
釣れないまでも噂の双六谷を体験できたのは
ラッキーでした。とても初めての人が一人では
行けなそうな感じでしたよ。機会があれば行ってみましょう。
もちろん複数人数で。
【2012/08/18 19:27】 URL | Gの男 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/218-5fce494c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。