お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い立ったら蒲田川(Gの男@長野)
DCIM0043_R.jpg
今日は朝イチから地元の区有林の下草刈りの作業があったのですが、無事午前中で終わったため陽気も良いし、一発、ツーリングがてら蒲田川にでも行ってみようと思い立ちました。
DCIM0040_R.jpg
自宅を14時を大きく廻ってから出発したので夕マヅメのみの釣りになります、が、これだけで一日券買うのも何なのでどうせなら年券を買うことにしました。
16時前に川に立つことが出来ましたが、思ったより人が少ない様に思いました。水面付近ではかなり小さめの羽虫が盛んに羽化している様子。時々ライズも見られるでですが毛鉤には反応しません。そこで、ソフトハックル系の毛鉤で誘いをかけての釣りとなりました。結局、ヤマメ1と妙にヒレピンの尺上ニジマス2尾をキャッチできました。日没の時間にはライズが盛んになりましたが毛鉤への反応はあまり変わりませんでした。
DCIM0052_R.jpg
DCIM0055_R.jpg

ところが薄暗くなった頃、誘い釣りの最中ラインに反応がでて合わせたところ、ズシッと手応えがあった直後、耳元でバーンと大きな炸裂音が・・  以前も聞いたことがある音、やったいました、グリップから3段目の場所で竿がキレーに真っ二つになっておりました。肝心の穂先部分は魚に引かれたのか流されたのか回収することが出来ませんでした・・・
IMG_3609_R.jpg

竿は今年使い出したばかりの「渓流テンカラZL」保証書で何とかなるかな~ 
半分がなくなっちゃてるし無理かな~・・
近日中に購入した量販店に聞いてみようと思います。あ~あ。

おわり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
どうもです。(^ー^)
連日のレポート、ありがとうございます。
サクっと奥飛騨まで行けちゃうところがいいですね。
それに18時半頃でも結構明るいんですね。
う~ん、新竿の件は気の毒なことで・・。(><)
穂先がないとなるとなあ~、
保障は効くはずなんですがねえ。
テンカラ大王様に伺ってみましょうよ。
「こういったケースって、どうなんでしょうかあ?」
(シマノに聞けってか?)
【2013/04/30 17:21】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

にゃんと!年券買ったのね!(ぐやじい)。あ・あ・あうぅぅ~・・・7月まで参戦できず(涙)。
【2013/04/30 21:36】 URL | 専属運転手 #- [ 編集]

その時間から突撃する行動力に天晴れ!!
竿は…折れた箇所は保証でなおると思いますが、無くなった部分は…(泣)
【2013/04/30 22:56】 URL | カリメロ #- [ 編集]

お茶テンさん
まさか、この竿が折れるとは思いませんでした。
早速購入した店で話を聞いたところやはり、保証は折れた部分のみとの事でした。
試算して貰うと新しく買った方が安い!という結論になってしまいました。
 運転酒様
えへへ~、お先にぃ。 まだ王国分の大物は釣ってませんよう。ご安心下さい(笑)
 カリメロさん
 なんのなんの、自宅から下道で1時間半弱なので神流川よりは遙かに手軽?なのですよ。
竿は、どうしよっかな・・
【2013/05/01 01:05】 URL | Gの男 #- [ 編集]

おはようさんです。(^^)
そっかあ~破損個所だけの補償だもんなあ。
保険とは違うもんね。
仕方ないから部品取りとして取っておきましょうよ。
つまり同じのもう一本買うということです。
ダレかさんから 毎度あり!という声が聞こえますね。
(--)
【2013/05/01 08:44】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

まいどお買い上げありがとうございます。と書くと本気にする人がいるので・・。
ウーン、お気の毒です。gのパワーで剛力彩芽チャンで合わせたのでしょう。普通のチカラでは竿に傷がなければ折れないはずなのです。この竿が折れたというのはGの男が初めてです。その部分にクラックがはいっていたのではないでしょうか。以前、石に当てたとか、倒れたとき当たったとか。
今度の竿はいたわってやってください。
【2013/05/03 20:13】 URL | 大王 #- [ 編集]

大王閣下、恐れ入りまする。やはり第一号でしたか。光栄であります心当たりといえば渓流で突如現れたクマモンと渡り合ったことか、山中で杖にしたり、山芋掘りに使ったことかな~思い当たることがあり過ぎです。今後はクマモンは止めておきます。\(__)
【2013/05/04 17:50】 URL | Gの男 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/246-f2abe358



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。