お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年テンカラ回想録
今年の渓流シーズンも一部の地域を残して終了しました。あっと言う間でした。
今年は春からいろいろと忙しかったこともあり、シーズンを逃してしまった感もあります。

さて今年は1月の新竿発表会に始まり、3月の芦ノ湖、4月の狩野川、6月の小菅川とここまでは良かったのだが、あとは猛暑猛暑の暑さに負けて、殆どが早朝だけの釣りになってしまった。
P1000069.jpg
(渋谷サンスイ新竿発表会)
asinoko1.jpg
(3月の芦ノ湖でボート釣り)
P1000125.jpg
(4月の狩野川で石垣先生の講習会)
P1000141.jpg
(小菅川のヤマメ)
7月の梅雨明け前に久しぶりに管理釣り場にも行った。
渓流はベストシーズンなのに管釣りもどうかと思ったのだが、やはり釣れると釣りは楽しいのである。
8月は我が家にとっての恒例である秋田への帰郷だった。
秋田に毎年行くようになってから、かれこれ15年にもなる。しかしテンカラ竿を振ったのは今年が初めてだったのだが、一応イワナが釣れました。しかしあの場所、ダム建設の予定地である。検地したあとが随所に見られた。はたしてあと何年あの場所で竿を振ることが出来るのだろうか・・・。
よそ者の私が口を挟む余地は無いけれど、イワナの釣れるあの自然環境を壊さないで欲しい、ただそれを願うだけである。
P1000156.jpg
(秋田県N川ダム建設予定地)
そうそう、秋田では’釣りキチ三平’の矢口高雄先生にもお逢いした。
東京のお住まいが近所だったこともあり、地元の話に終始してしまった。今度お逢いできた日には是非とも釣りの話を聞かせて頂きたいものである。
P1000148.jpg
(矢口高雄先生のサイン会)
8月以降は、東京の地元を流れる多摩川の上流域に行ってみました。(と言っても結構遠いのですが)
更に上流域に位置する丹波川にも行きました。素晴しい景観、渓相の川でしたが、サカナはお留守でした。
P1000146.jpg
(丹波川渓谷付近)
シーズン最後には秋川にも行きました。とっても懐かしい思いでした。
まさか釣れるとは思わなかったので、良い思い出になったような気がします。
P1000163.jpg
(私にとっては貴重な東京のヤマメ)

そういえば竿も1本買ってしまいました。
腕もないのに竿増やしても仕方がないのですが。
まあ下手なりに考えるところも有って買ってしまったわけなのですが、
「下手の考え休むに似たり」という言葉も頭をよぎるのでした。

今年は去年にも増してクマ騒動のニュースを多く耳にしました。
時々お便りをくださる尾張の天空ジョ~さんは、なんと1度に3匹のクマに遭遇したとか。
また長野県ではクマの捕殺予定数を大幅に超えてしまったそうです。
被害にあった方達には本当に気の毒な事件が多数ありましたが、
根本的な原因を解決していかないと来年もまた同じことが繰り返されるような気がしてなりません。

なにはともあれ渓流シーズンは終わったなという少し寂しい気持ちの中、それを忘れさすかのように、間髪入れずして小菅川でイベントがありました。岐阜県の達人である天野氏を始め、その他多数の有識者などをお招きし貴重なお話を聞かせて頂きました。
20061023082831.jpg
20061023082908.jpg
(写真提供:老眼天空本舗)
あの日は嵐が去ったあとの晴天に恵まれましたが、天野氏はまるでそれを象徴するかのような爽やかなお方でした。「皆さんこんにちわ!天野ですぅ~!」と、清んだ良く通るお声が印象的でした。
また、天野さんはとても姿勢が良く背筋がピンと張っていたのも印象的でした。そういえば私の知っている限り、釣りの達人達は押し並べて姿勢が良いように思う。堂々とした自信のようなものが自然と姿勢に表れるのだろうか。せめて姿勢だけでも見習いたいものであります。
また、達人と言われる人は皆謙虚である。高ぶるところなど微塵も感じさせない。厳しいのは自分自身に対してのみ。そのように私には感じられます。これまた見習いたいものであります。
P1000200.jpg
(天野氏 小菅FVにて)
20061023082841.jpg
(ほら、謙虚でしょ? 写真提供:老眼天空本舗)

はてさて、これでイベントも終わったなと思っていたら来月の11月は裏丹沢でイベントでした。
またもやあの3巨頭をお招きし、テンカラ教室が開催されます。
シーズンが終わっても結構忙しいのである。テンカラ狂徒に休みはないのだった・・・やれやれ。

それでは、燃えるような紅葉の中で皆さんとともに楽しいひと時が過ごせる事を願って。
おわり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/26-47a80bf6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。