お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国際フィッシングショー2007
内水面の遊漁者数は平成5年(延べ1,350万人)をピークにして減少傾向にあり平成15年は延べ約950万人とのことである。(農林水産省 漁業センサスより)
それはさておいて、本日はパシフィコ横浜にて開催中の「国際フィッシングショー2007」に行ってきました。この手の釣りの催しには今まで行ったことのなかった私は、あまりの人手にビックリ仰天。ベビーカーに乗った赤ちゃんから杖を突いたお年寄りまで年齢層も幅広く、釣り人気のものすごさを実感したのでした。(赤ちゃんは寝てましたが)
あちらこちらにスポットライト、無数のスピーカーからはドンガラガッタと音楽鳴りまくりのお祭り騒ぎに私はタジタジとなったのでありましたが、かなりいい加減にざっと見て回わったその感想としては、やはりルアーに人気が多いようで業界では有名であるらしいインストラクターの解説やトークショウの前にはかなりの人だかりでした。ブラックバスの人気もかなりのようで大型水槽を設置し実際にルアーの動きを客に見せるかなり力の入ったブースもありました。シーバス(どうもこの呼び名は私には馴染めません。海上バスをイメージしてしまうのは私だけ?)、餌木で釣るアオリイカ(エギングと言うらしいがこの呼び名も馴染めません)も人気があるようです。
川釣りの一番人気はやはり鮎、それにゼロ釣法なる餌釣りも流行っているようです。(これもヘンな名前で馴染めません。釣果ゼロ釣法?)
でテンカラは?というと、まあその・・・、なんというか・・・、釣具屋さんで見る状況とまったく同じでしたねぇ。私は熱心にテンカラ竿をあれこれ物色しては見ましたが、メーカの人に声を掛けられることは皆無でしたねぇ。ルアー竿を手にすると即座に声を掛けられたのにねぇ。
それから知的財産権委員会のブースにも寄りました。そこでは悪質な模造品と本物の竿が見比べられるように展示してありました。模造品のあまりの精巧さに舌を巻くと同時に腹も立ちました。信用の置けない通販や店での購入そして不自然に安価な商品には手を出さない方が賢明のようです。

そのあとは倉上さんが老眼ビーズヘッド毛鉤のタイイング実演を行っているということで、激励(邪魔)しに行きました。
P1000240.jpg
↑汗かき汗かき。巻いて巻いて。倉上師匠
P1000241.jpg
↑逆さ毛鉤を巻いている堀江渓愚氏

以外にも(失礼しました)結構な人だかりが出きていたため、そうそう話しかける暇もなかったのですが、石垣先生とお逢いすることができました。また、鬼の榊原さんともお逢いできました。人ゴミに酔ってフラフラだった自分も最後はテンカラの達人たちにお逢いすることでき、元気回復で帰路に着けました。(電車の中では思いっきり寝てましたが)

夢うつろの中、過去に経験したいろいろな釣りを思い出しながらやっぱり私はテンカラが好きなんだなぁ。などと分かりきったことを考えているうちに、ふと気がついたら電車はとっくに駅を通り過ぎ3つも乗り過ごしていたのでした。

おしまい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お久し振りです!
横浜の釣博行かれたんですね。一度も行った事無いんで行ってみたいな!..って思うけど知人の磯釣りテスター(テンカラする前グレ釣りONLYの私)おるで会ったら何やら釣り(テンカラ)や個人的な趣向に関するウンチク等言われ批判されるの分かるで嫌で行かずです..大阪会場での場合ですが。話変わりますが、釣具店でゲットした各社の総合新カタログ見とる私ですが、今年からガマカツのテンカラ竿は長竿数種類に増えましたね!各自に因りそこらへん好み違うでしょうが釣博でそれら展示してましたか?!確かダイワでも新しいの1本出した様な..。お茶テンさんの書き込み読むとあまり皆さん興味無い様な感じですね(悲)。
【2007/02/16 22:01】 URL | 名古屋のジョ~ #- [ 編集]

名古屋のジョ~さん。コメント書き込みありがとうございます。掲示板閉じてしまいまして申し訳ありませんでした。Fショーはスゴイ人ゴミでゆっくりできませんね。さて、ガマの竿ですが見てきました。マルチレングスですがやはり一番短い状態でバランスとれているように私には思えました。二兎(三兎?)追うもの・・・の例えのとおりでしょうか?ガマでしたら紫仙峰IIが私の好みです。ダイワの燕翔SVは見てませんです。近いうち釣具屋に偵察してまいります。
【2007/02/18 00:58】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

返信有難うございます!
とある情報筋によれば昨年に榊原さんがガマのプロトのテンカラ竿数本を現場(遠山川?!)に持参してテストしてた様ですね。最近の傾向として、やはり本流向けゆぅか大物狙いゆぅか餌釣りもテンカラもそちらが流行り(売れ筋?!)になっとるんですかね。氏の釣りを一度だけ見た事ありますが普通の人では難しいレベルのテンカラ世界が有るのではゆぅ印象でしたわ(キャスティングとか)。 その時はキス釣り用の長ぁ~い力糸を道糸として使ってました。氏的にゃそれもテスト段階だったかもしれませんが(笑)。 話変わりますが、社内に餌釣り師おるでお付き合いで以前一緒に行ってみた..がテンカラ師の私と餌釣り師では色々な渓流釣りにおける好みの違いが発覚!長竿でチョウチン仕掛けを竿を畳んで取り込むなんて嫌だな..それよりテンカラの方がエキサイティング!との声を飲み込みました。いづれにせよ、取り込み時用だとかフィールドに合わせてだとか魚の向きを変えられるゆぅ様々な意見あるけど、今時点で個人的にはズーム機能の必要性を全く感しとらんです。逆発想の天邪鬼かもしれんが本調子短竿(3.3以外)で面白い竿が欲しいですな。柔らかくて短いけど魚掛かるとタメが効く竿なんですけどね!(爆笑)
【2007/02/22 22:23】 URL | ジョ~ #- [ 編集]

こんにちは。そうですか、鬼の榊原氏がガマのテンカラ竿のテストを行っていたのですね。キス用の力糸とは、投げ釣り用のテーパラインのことですね。かなりのロングレンジが可能なのでしょうね。
長竿やマルチレングスのテンカラ竿も、素材の進化がそれを可能にしたのだと私は思います。
きっと達人達はテンカラの可能性をいろいろと模索されているのでしょうね。今後どのように進化していくのか楽しみであります。
私もジョ~さんと同じくズームの必要性をあまり感じたことはありません。それは多分、良く行くフィールドの違いなのかも知れませんね。私の場合ズームは保険的な要素と考えておりますけれど、元手が太くなる傾向にあるように感じられますし、伸ばした場合に持ち重り感が増すことは否めませんよね。
いまのところ、石垣先生プロデュースの本流テンカラZEが非常に良く出来ていると思っております。(先生に特別な思い入れがあるということを差し引いても)
テンカラの楽しみ方も人それぞれですが、私はショートレンジがテンカラの魅力だと思っておりまして、軽快に手返し良く探っていくテンカラのスタイルが私は好きです。恐れながら、ジョ~さんもそのように感じ取れるのですが如何な物でしょうか?
短竿の本調子でタメが効く調子、昔のグラス竿や竹竿がそのような感触だったと記憶しますが現在ではとても重くてダメですね。新素材のカーボンやボロンにかなりのモノがありますが(ルアー竿の話ですが)、高価ですしテンカラ竿に採用されても売れないのでしょうね。
【2007/02/25 13:30】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/31-175969d8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。