お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レベルラインは最強のテンカラライン
辰巳出版「ヤマメ・イワナ・アマゴ 渓流釣りガイド」を買いました。
いつもお世話になっている倉上亘 師匠のお奨めと、石垣先生がご自身のホームページでご紹介されていることもあって早速本屋に駆け込んだのは言うまでもありません。
P1000276.jpg


冒頭のカラーページには、我が心の師匠である石垣先生のレベルラインテンカラの解説記事が、遠山川での釣行とともに掲載されております。すばらしい景観とホレボレしてしまう流れ、そして羨ましいアマゴの写真についつい目が行きがちですが、記事もちゃんと読みましょう。
先生の「レベルラインの薦め」の記事を読み、フムフム・なるほど・なるほど、先生の教室で習ったことの復習にもなりまた今シーズンの予習にもなりました。
先生とレベルラインとの出会いについての記事を読めば、どんなライン遍歴を経ても行き着くところはやはりフロロカーボンレベルラインなのだと確信が持てます。トドの詰まりでレベルラインではないのだ。(失礼しました!先生)
また、倉上亘 師匠の老眼テンカラビーズヘッド毛鉤の解説とその攻略法や、堀江渓愚さんの達人毛鉤の解説「現代テンカラ毛バリ図鑑」など、非常に濃い内容の記事が掲載されております。興味ある方は是非買って読んで見ては如何でしょうか。

さて、今年も石垣先生のテンカラ教室が開催されます。
P1000126.jpg
↑去年の石垣テンカラ教室
箱根の関など大きく飛び越え、群馬県は上野村の神流川にて開催されますので興味のある方はこちらのほうも是非!
教室のご案内は、本家’お茶の間テンカラ’にも掲載しております。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/32-b1573b95



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。