お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



犀川殖産漁協
どやっ♪ 4_R
(どや顔大王)
ようやく、やっと、ついに釣りネタを送れます。
世間の3連休ど真ん中、22日日曜日にテンカラ大王様とテンカラ長野隊の総勢6名で犀
川殖産エリアの特別区にニジマスを釣りに行ってきました。
前の晩の忘年会練習会で集まった仲間と当日合流の長野のYさんの
6名で難易度が高いと言われる犀川本流に挑みました。 
場所は・・・、川に詳しい大王様のガイドで入渓。
IMG_0555_R.jpg

最初のポイントでは空ぶったものの、次に入った上流のポイントでは昼前から15時くら
いの暖かい時間帯でなかなかに良い釣りが出来ました。
私は45センチ弱のブラウン、25センチほどのニジマス、あと3バラシでした。
45センチブラウン_R
Gの男25センチニジ_R

そんな中、夜釣りのエキスパート? M社長サンが激闘の末、
45センチのぶっといヒレピンニジマスを上げました。
大物の取り込みは一人では出来ないので私が特大のタモを持って取り込みに川に入り
ましたが、水没(!?)などの大騒ぎのあげく無事取り込みに成功しました。
IMG_0556_R.jpg
IMG_0557_R.jpg
コピー ~ PB220018_R
どやっ♪ 1_R
(どや!)
どやっ♪ 2_R
(どや!の男)
どやっ♪ 3_R
(どや!な夜の男)
取り込みは任せろ!_R
(取り込みは任せろ!)
水没~(涙)_R
(あれ!?)
先生のニジ_R
(大王印のニジ)
初めて釣れた犀川殖産エリアの大物。ハマリそうです。
なお、詳しくは石垣先生のHPにアップされています。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
皆さん楽しめたようで何よりです。松本忘年会で武勇伝を聞かせて下さい。
本来なら私がご案内せにゃならん所ですが、行きたくも無い社員旅行に強制連行されちゃいまして(泣)
あそこでの転倒は洒落にならんですよ!
まぁ大王様のブログを拝見すると新旧本流テンカラでの釣行会になっていたようですのでオイラはお呼びで無かったかもしれんです(笑)
こんな時の為にも初売りセールでゲットしなきゃです!

【2015/11/25 12:38】 URL | カリメロ #- [ 編集]

カリメロさん、会社の旅行お疲れ様です。
メインの人抜きな感じで楽しんでしまいました。
取り込みに入ったのは良いのですが、本流の流れの中を
逃げ回る虹さんに翻弄されてやってしまいました。杖代わりに
突いたネットが楕円から正円に近くなってしまいました。
今回何となくイメージが出来たのでまた行って見たいですね。
私のはZEだったのでこりゃNPはいらんな、つぶやいたら
大王からチェックが入ってしまいました(笑)
【2015/11/25 18:04】 URL | Gの男 #- [ 編集]

構造や素材が進化してるとは言えオイラもZE持ってたら買わないかもしれない。
がまの水舞、45でなく50を買っておけば悩まなくて済んだかも(笑)
それとも18尺の鯉竿でやろうかな?(大笑)

【2015/11/25 21:46】 URL | カリメロ #- [ 編集]

こんばんは。(^^)
本流テンカラごくろうさまでした。
鮎釣りみたいにずっと水に浸かるテンカラって、
なんだか妙な感じもしますね。
これからグッと水温も下がるでしょうから
厳しい修行になりそうな感じですが、
水没にはお互い気をつけましょう。

【2015/11/25 22:42】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

お茶テンさん 
アップありがとうございます。構図的にどっぷりの画像が絵になるので送ってますが場所によっては岸から釣れるところもありました。意外と岸寄りに魚が着いているみたいです。
カリメロさん、
NPの方が軽くてパワー、強度もあって性能面では上とのことですがZEのちょっと硬い感じが好きですね。あと使い比べてみるとEVAグリップよりコルクの方がグリップ力に遊びがあるというか楽な気がしますね。
【2015/11/26 09:00】 URL | Gの男 #- [ 編集]

やっと釣りに行けたんですね...( ´・ω・`)_且~~

こちらもぼちぼち復帰ちゅうです...(A^^;
【2015/12/31 12:53】 URL | やまさん #PcPWaI4. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/330-5c5d078e