蒲田川釣行会

Gの男@長野
07 /27 2016

毎年7月の恒例蒲田川釣行会が23.24日の土日で行ってきました。
IMG_0712.jpg
IMG_0730.jpg
IMG_0735.jpg
IMG_0742.jpg
27日朝5時過ぎに集合場所の道の駅に向かう途中、橋の上から早速竿を振っているM社
長サンを発見。
集合場所では既に皆さん集まっており早速13時の宿集合まで分かれて入渓しました。
最初は昨年良い調子だった荒神の湯前から入りました。水況は少し前の雨があったせいかちょい高い(夏
にしては)感じでしたが釣りにはイイ感じ。ポイントも余り場荒れしていない感じで20センチ前後の中心のヤ
マメにニジマス、ホウライマスが混ざってそこそこのペースでつれて来ましたが日が上がった9時過ぎにはさすがに反
応が無くなって来ました。
忍耐力が切れてきた11時過ぎに川から上がると既に何人か川から上がっており、時間を待って宿で昼食&宴会で一休み。
ちょっと飲み過ぎてダウン気味でしたが、このままでは夕食も入らなさそうなので腹ごなしもかねて朝と同じコースに
入渓。肝心の昨年の大物ポイントで水底で尺上の魚が喰ってゆらっとしたのが見えた瞬間にばれたのが二回。あとは
午前中と同サイズがぼちぼち釣れてきました。ただ、夕マヅメの時間帯の割には水面上には余り出てこず、朝よりは
すれてきた感じ。夕食に時間もあるので大淵の手前で脱渓です。

IMG_0747.jpg
IMG_0754.jpg
IMG_0765.jpg
IMG_0769.jpg
DCIM2084.jpg
IMG_0772.jpg
DCIM2070.jpg
DCIM2064.jpg
翌朝は最近の釣行では珍しく(失礼!)皆さん朝4時には朝練に出発していきまし
た。私は少し遅れて4時半過ぎに神坂堰堤上の地獄平に足を伸ばして見ました。さすがに先行者は無く、川の感じも良い雰囲気
♪でしたがまったく魚っけが感じられません。下流のC&Rならなんらかの反応が出るようなポイントもなしのつぶて。やっと出たと
思ったら豆あじサイズのちびヤマメのみ。さすがに時間が勿体ないのでここを見きり、C&Rの最下流部に移動です。時間にして
既に6時30分くらいか。 宿での朝食が7時30分なので小一時間は出来る計算。 果たしてさすがC&R、来て欲しいポイン
トからはちゃんと反応があります。こちらも昨日同様、虹混じりで7,8寸クラスのヤマメと他ちびちゃんどもが釣れて
きます。朝練としたら何とか帳尻が合ったところで朝食に。 今回はご飯処理担当者がカリメロさんと私しかいないのでほとん
どネタ状態で、二人でお櫃1個を分け合っていただきました。久しぶりの4?5杯飯でした。とにかく飛騨は朝食に朴葉味噌が出
てくるのでいくらでもご飯が頂けてしまします いい歳して困ったもんだ。
今日はカリメロさんと私は午前中に帰る予定ですが皆さんはもう一泊していくとのこと。釣りは朝練で結構堪能したつもりだったので早々に引き揚げようと思っていたのですが団長がK藤さんにテンカラ教室をするというので冷やかし半分でついて行くつもりが、
ついつい自分の釣りに入り込んでしまって11時までしっかりやってしまいました。結局帰るはずの長野組2名も一緒に昼食を
食べてからののんびり引き上げになったのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

どうもです。(^^)
なかなかの釣果じゃないですか。(^0^)

こちらはずっと雨模様でハッキリしない天気が続いております。
なのに水不足は解消しておりません。どうなることやらです。

お茶テンさん、どーもです。 時間がとれずに画像のみで失礼しました。おって注釈など。
蒲田の釣行の少し前に降ったらしく初日ほど活性が良かったような気がしました。翌日はすでに若干減水し始めてた感じです。

ふざけた格好で釣りしてましたね!
でもくせになりそうです。鹿島でも会場付近ならこのスタイルで(笑)

カリメロさん、2日間お疲れさまでした。 あのスタイル、夏のお手軽テンカラ少年! て感じでイイですね ただ、怪我や虫刺されが怖いですけど。

文章のあとがき追加に対応しました。(^^)

お手数をお掛け致しますぅ~ ・m(__)m

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪