お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



朝霧高原キャンプ
夜明け前_R
前の土日で坊主Aさんと朝霧高原のふもとっぱらキャンプ場にキャンプツーリングに行ってきました。
Aさんは鹿島キャンプの前からかなり気合いが入っていたイベントでした。土曜日の11時に現地に着くと既にテントを張ってくつろいでいる様子。とりあえず、テント設営後、昼食と買い出しをかねて富士宮まで降りたところでいきなりAさんのBWがストップ。どうやら電装系のトラブルの模様で、現地では対処出来ず、なんとそのままレッカーされて引き上げになってしまいました。残念!
NATO演習?_R
お焚き上げだそうで_R
キャベツ鍋♪_R
テン場の朝_R

そんなわけで急遽、ソロキャンプになってしまいました。ここふもとっぱらは以前鬼組の新年会でバンガローに泊まったこともありますが、キャンプシーズンに泊まったのは初めて。ですが、今まで泊まったキャンプ場の中でも飛び抜けて広く、利用者も多く驚かされました。そこらの村より間違いなく人口は多そうです。まるで難民キャンプ? また今回、なんでもインドの宗教家のお焚き上げイベントとかで100人単位で参加者と思われる方々が泊まられてました。インド風の衣装を着た欧米人が大勢おり、まるで、60年代のベトナム反戦運動、ウッドストック音楽祭か、という雰囲気。片やジープ愛好家のイベントも行われており、こちらはノルマンディー作戦か冷戦期のNATOの大演習か?問行った雰囲気。そんな状況でもまだ広々としたキャンプ場でした。 2日目は西側の毛無山を越えて山梨県側の下部温泉におり、付近の金山跡にちなんだ金山博物館など見学して富士川沿いに北上、国道20号に戻って帰路につきました。 その後Aさんから無事修理完了の連絡がありました。またリベンジだそうです。
毛無山の峠から_R
無念!_R
到着_R
朝食にホットサンド_R
金山博物館_R
やはり焚き火_R
とにかく広い・・_R
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
富士山がキレイですね。
本日、初冠雪したそうですよ。

バイクツーリングですか、懐かしいなあ。
私も若いころ、400ccに乗ってましたもので。
遠乗りで故障するとほんと困りますよね。
でも事故もなく何よりでした。


【2016/10/26 17:39】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

お茶テンさん、どうもです。
この日はとても暖かくフリース着ていると汗が出てくるくらい。
お茶テンさんも乗ってらっしゃいましたか。是非、リターンしましょう。
今、ライダーやってる人たちの主力は我々の年代ですね。
キャンプ場ライダーも多かったです。すぐとなりには,なんか
とってもバブリーなトライアンフのグループが来ておりました。
【2016/10/26 19:07】 URL | Gの男 #- [ 編集]

だからホットサンドなんだ!(笑)
坊主Aさんは災難でしたね(泣)急遽ソロキャンで寂しくなかったですか?
【2016/10/27 05:55】 URL | カリメロ #- [ 編集]

Gさん大変ご迷惑おかけしました。おかげさまで一生忘れられない思い出のツーリングとなりました。オートバイの名誉の為に言いますと、30年まえのバイクだから壊れたのでなく、私のスキル不足の為です。ああっこの日のために、寝袋を新調し、ミニテーブル、焚火台を購入したのに、気合いの入れ過ぎはいけませんね、反省です。

是非とも次回は、S木お兄さんの6気筒も参加して頂きましょう。さあカワハギで憂さ晴らしだ。
【2016/10/27 07:37】 URL | 坊主A #- [ 編集]

カリメロさん、焚き火で焼くホットサンドは熱の加減かいつもよりでしたよ。ソロキャンプ、学生時分のツーリング気分でなかなかでしたよ。装備品は随分変わりましたが。
【2016/10/27 08:04】 URL | Gの男 #- [ 編集]

Aさん、今回は実に残念でしたね。是非リベンジキャンプを!寒中キャンプです。 6気筒があればあとは3と4気筒がいれば完璧ですね。
【2016/10/27 08:12】 URL | Gの男 #- [ 編集]

Gさん了解しました。3気筒のジムニー出動ですね。只今トップケース計画進行中です。そうだ伊豆に行きましょう。
【2016/10/28 06:55】 URL | 坊主A #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/351-05f38181