秋田県成瀬川釣行記

未分類
08 /12 2007
秋田県雄物川の支流成瀬川に行ってきました。
P1000319.jpg

成瀬川の最上流域にある某沢に入ったのは、ちょっと遅めの朝6時。今年はなぜかアブがいない。いつもならクルマを降りた途端に何処からともなくワッと寄って来るのに、今日はどうしたことかたったの1匹だけが「今年も来たのね」と挨拶に来ただけだった。もちろんこちらも、パチン!と手でハタキ落しの挨拶を交わしてやりました。しかしアブがナイと勝手に決め付けるのはアブナイので、虫除けスプレーだけはキチンと掛けましょう。などととくだらん前置きはどうでも良くて、早速竿を振ることにしました。前日のにわか雨の影響で水位もちょうど良い感じである。第1投からピシャと小型らしい反応がありました。今日はいけるぞ!と俄然やる気が出てくるのだったが、パーマークもはっきりしている小型のイワナばかりが毛鉤を追うのだった。
P1000311.jpg
↑かわいいイワナ君
そこで毛鉤をいつもの#12から#10にサイズアップすると幾分型が良くなってきたようだった。
P1000314.jpg
↑サイズアップしたイワナ君
さすがに秋田県の山奥である、平日ということもあるだろうが釣り人がまったく居ないのである。足跡すらほとんど残っていないのである。ここまで人が居ないと1人ぼっちではなんだか不安になってくるのであるが、今日はイワナの機嫌が良いらしくそんな寂しさや不安を忘れさせてくれるのだった。また、今年から熊除けの鈴を自分でも驚くほどデカイ音がするものに新調したのだが、これもいくらかは心強く感じさせるのだったが、魚除けになりはしないかと心配もするのだった。しかしその心配も要らなかったようで、朝8時までのたった2時間の釣りではあったが自分にとってはとても良い釣りが出来たと思っている。
P1000317.jpg
P1000321.jpg
P1000318.jpg
イワナの住むこのすばらしい自然を、キチンと後世まで残すのが我々に与えられた責務だと思うのだが、このイワナ達、果たして来年も元気で居てくれるだろうか? 帰路につく愛車の車窓から見える「ダム建設反対!」の立て看板が、より一層私をそう思わせるのだった。
おわり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

成瀬川には、現在ダム工事が進行中だそうですが、やはり某支流はいまだ健在のようですね

老眼師匠、書き込み頂きありがとうございます。
はい。健在でした。しかし事前工事はかなり進んでいるようです。検地の後である赤い旗が、、山の中腹にまであるのが不気味でした。

遠征お疲れ様でした。体調はダイジョウブなんですか?

しかしダムねぇ…(=.=)

治水・灌漑・発電・経済振興、そのほか諸々の理由で、人間にとって必要なものなのでしょうからね。ヤマメやイワナのための川じゃなくて人間本位の川になってしまってますからね。泳いでいる魚もニンゲン本位に放流されたものが殆どですしね。水没する地域の利益よりも公共の福祉が優先されますしね。何よりも、釣り人の願いはプライオリティ低いですしね。もどかしいですね…

こりゃまたどうもご無沙汰してます飲茶さん。
竿を出したのはたったの2時間ですがリハビリテンカラには丁度良い塩梅だったでしょうか。
まあ、多少フラフラはしましたが毛鉤には丁度良い誘いになったようです。
冗談さておいてダム建設の件、まさしく仰るとおりですね。

色付きの文字明日成瀬川でエサづりを使用と思っています。 
貴方のブログを見ていると自分も釣れるような気がしてきてとてもワクワクしています。今天気がわるいので少し不安です。

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪