お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



第6回テンカラ勉強会(裏丹沢にて)
師走に入りやっと冬らしくなった9日に、老眼天空本舗こと倉上師匠主催のテンカラ勉強会が、うらたんざわ渓流釣り場にて開催されました。
P1000396.jpg


勉強会といっても、初心者の方を対象に倉上師匠がテンカラの手解きをされた程度で、実は煮込みうどんを頂くのが目的なのでした。
前日に開催された忘年会からそのまま移動してきた方もいて、どことなく疲れが見えております。釣りは11時頃からが活性も高くなって良いのだと言っておりますが、それはご本人の活性のことだろうと弟子達は思うのでした。しかし私を含めた忘年会欠席組の活性はすでに高く、寒さなんかなんのその。
P1000390.jpg
P1000398.jpg
(↑一般区域の様子)
P1000391.jpg
(↑余裕です)
朝の気温は0度を少し超えた程度ですが、風が無いのであまり寒く感じないのでした。
水は9度くらいとのことでさすがに冷たいですが。
長野県から来た毎度おなじみのGさん(爺さんじゃないってば)は、「暖かいですねぇ~」と最初は強がりかよ?と思える発言もありましたが、長野県に比べれば丹沢は暖かいということなのですね。なるほど、周りを良く見れば確かにまだ色付いた葉が沢山残っており冬というより秋という景色なのでした。
P1000395.jpg
(まだ秋の色)
早速、上流のC&R区域に入ると飽きない程度にヤマメの反応がありました。さすがにこの時期になると流れのゆるい溜まりの部分にサカナが居付いており、食い気のあるものは深場から毛鉤を食いに出てくるようでした。深場といっても冬の裏丹沢らしく水量は少なく、ポイントはかなり限定されておりました。
P1000389.jpg
P1000392.jpg
P1000394.jpg
(上流のC&R区域 減水してます)
昼は待ちに待った煮込みうどん、といっても食材等の準備はすべて世話役の方達に任せてしまいすっかりご馳走になってしまいました。勢い余って大地にまでうどんを食わせてしまうというハプニングもありましたが、ここ’うらたん’ではハプニングは付き物なのです。ねえ、Gさん、Aさん。
そんなわけで、皆さん怪我も無く無事にイベントは終了しました。
皆さん今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。

おわり
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/56-27f3df00