竿のグリップ

未分類
02 /04 2008
竿のグリップをテーピングしてみました。
P1000401.jpg
竿はテンリュウのテンカラ竿です。
この竿、コルクグリップではない為か多少細いのが気になっていたのです。
そこで何か良い素材は無いかといろいろ物色してみたのですがなかなか良いものが見つからず、やはり釣具屋に有るだろうと思って見つけたのがこのグリップテープ。
最初はテニスラケット、サイクリング車用のハンドルに巻くテーピングなどを考えたのですが、接着剤がどうしてもイヤだったのです。

このテープは接着剤を一切使わないので、剥がしてもノリが残らないのが良いところ。
巻くのに少しコツが要るようだったが、不器用な私にでもなんとか巻けました。(3回ほど巻きなおしましたが)
12月に管理釣り場で1日使ってみましたが剥がれることも無くなかなか良い感じです。
水にも漬けてみましたが、水切れも思ったより良くサスガは釣り専用のテープです。

最初のうちはグリップが強すぎて指先にマメが出来るのではないか思うほどだったが、
使っているうちにだんだん馴染んできたのか良い感じになってきました。
竿のグリップにもいろいろな素材がありますね。竹なんてのも風情が有って私は好きです。
P1000399.jpg
↑これは海竿のグリップで布袋竹(ホテイチク)です。グリップだけが竹です。ちょっとダケよん♪
しかしこのグリップは餌やサカナのヌルが付くと少しすべり易いかも知れません。
P1000407.jpg
↑これも海竿です。グリップは淡竹(ハチク)です。(たぶん)
これは俗に言う和竿で、竹竿です。つまりどこを見ても竹でドコモダケ・・・。(愚)
これは本漆塗りでなかなか丁寧な仕上げなのか、滑りにくいような気がします。

新素材ではEVAという素材もありますね。軽いし真冬では冷たく感じ難いですし、それに
雨なので濡れてもスベリ難いのが利点ですが、微妙なアタリが取り難いような気が私にはします。

何故か突然ですが、竿のグリップについてちょっとお話してみました。

おわり。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪