お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



カモシカとテンカラ
P1000425.jpg
(↑夜明け前の鹿島川。月が出てます)
ひさしぶりにテンカラをやってきました。
長野県鹿島川に行ってきました。北アルプスを望む自然のスケールはさすがに信州と言ったところ。これでサカナが釣れれば言うこと無しですね。
以上、レポートでした・・・。

は?また釣れなかったんだなコイツは・・・。
ええ。スポーツ刈りでした。(ボウズ寸前)
だって先行者がカモシカさんでしたので・・・。
これウソのようなホントの話です。
鹿島川と矢沢の合流点付近には夜明け前に到着。ちょっと早すぎるけどETCの夜間割引を受けるため夜討ち朝駆けとなったわけ。いや夜駆け朝討ちか?
ここ鹿島川、聞いてはいたけれどかなり変わった渓相でこんな浅瀬にサカナが居るのかいな?という感じ。落差のない開けた場所でテンカラは振りやすいし遡行もラクなのは良いのだが・・。
雪代水は収まったようだが、水深の割りには押しの強い流れと雪代どくとくの水色が幾分残っているように感じました。つまり、私には釣れる感じがあまりしないのだったが、上を飛ぶトンビだかタカだか知らないけれど定期的に低空飛行で偵察を行っておりあきらかにサカナを探しているようだった。やっぱり居るのかも知れない、でも怯えててサカナは出ないだろな・・・。
P1000426.jpg
案の定、2時間経ってもなんの反応もなし、流れのほんのわずかな変化を拾って小さな石のエグレでやっとこさ反応を拾うことができたのだった。久々のテンカラの魚信、今年初めてなの。サカナさんよろしくねと言う間もなくアッと言う間に足元まで寄って来た。小さいべ?ズンドウなあなたはニジマスかい?それにしては少々色黒で、朱点まであって・・。え?朱点?おいおいアンタはブラウンかい!?いやはや、まいったね。記念写真を撮ってお帰り願いました。
P1000430.jpg
(↑てへっ、ぼくブラウン。)
結果的に本日の鹿島川での釣果はこのブラウンさんだけで終了にしました。予定はもう少し上までだったが、ブラウンとは言え一応は自分なりの乏しい知識とさらに乏しい技量でやっとこさ得た釣果、私の判断として自分に釣れるサカナはここには居ない!です。
また、テンカラの対象としては外国産は引っ込んでて欲しいというのが私の自論です。
P1000427.jpg
P1000428.jpg
(↑まだまだ雪が残ってます)
P1000431.jpg
(↑私には珍しく色の付いた毛鉤。後ろは本流テンカラZE。ちゃんと使ってますよ。石垣先生。)
で、カモシカがどうしたって?
はい、実はカモシカさんが付かず離れずの距離を保ちながら、まるでガイドするように先行してくれたのでした。それがただ川原を歩いてるのなら良いのだが、時々川の中を遡行してくれるものだからたまったモンじゃありません。「はい、次はココやってみてね♪」なんてカモシカが言うはずもないのだが、まさか石を投げるわけにもいかずそのまま1キロくらいは一緒だったように思います。カモシカさんって出会うとこちらをジッと見つめる奴が多いけど、ヘンに人なれしている奴ってのもどうですかね。
P1000434.jpg
(↑ジッと見つめ合う。照れるじゃないか。)
P1000433.jpg
(↑まだ居る・・・。)
P1000436.jpg
(↑おいおい!そこはこれから毛鉤を打つところ・・・。)

昼はふもとの大町温泉’薬師の湯’で暫し休憩、午後は高瀬川に行く予定であります。

以上、鹿島川レポートでした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/63-9cc585a5