お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦ノ湖釣行記(3月11日)
asinoko1.jpg

今年最初の釣りは、湖にするぞと決めておりました。
それもボートルアーに挑戦するぞと決めておりました。
そうテンカラではないのだ、何を隠そう(隠さない)お茶テンはルアーの真似事もやるのだった。
てなわけで芦ノ湖です。
箱根の芦ノ湖と言えば、ご存知一級の観光地です。
asinoko2.jpg

自分も観光と保養のために年2回程度は訪れる場所、しかし竿を出したのは今回が初めて。
そんなわけで、ガイド飲茶さんに完全に頼りっきりのボクでした。
それと今回お初にお目にかかった、たかぼんさんとそのお連れの方とも合流しました。
非常に心強いメンバーに囲まれ、安心とビビりが程よくブレンドされ、
そこに寒さが加わりより一層身が引き締まってきたのでした。
そこで思わず、テンカラロッドの渓愚スペシャルを握りしめ、お守りのつもりでバックに忍ばせ
ていたところを、飲茶さんはしっかり見逃さなかったのだった。
飲茶さん、『マジですか?それ。是非やってみてくださいそしたら証拠写真撮りますね♪』だって。
あっはっは・・・。(汗)

本日はどうしたことか、あまり活性が高くないらしく皆さん苦戦のようでした。
それでもポツポツとニジマスは釣れたのでしたが、
スーパーレインボー(ブタマス?)や綺麗なブラウンマスの
姿を拝むことは出来ませんでした。

陸に上がったあとは、芦ノ湖漁協のワカサギ孵化場を見学させてもらいました。
そこでワカサギの採卵方法や孵化器についての丁寧な説明を頂きました。
asinoko4.jpg
孵化器(水流で静かに攪拌される)
asinoko3.jpg
親魚(5~6cmのワカサギの親魚)
現場を見学させて頂いたお陰で、こういった人達が現在の漁場を支えてくれていることを認識できる、良い経験でした。
たまにはこのような釣果がある釣りも良いモンだと、アホの釣り師は思ったのだった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/9-e4b6f472



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。