お茶の間テンカラとGの男の雑記帳
お茶の間テンカラ氏こと「お茶テン」と「Gの男」が綴る雑記帳です♪
プロフィール

お茶テン

Author:お茶テン
伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北の安曇野へ
北の安曇野渓流会主催のイベントが、長野県大町市を流れる高瀬川上流の葛温泉で行われました。
開会が午後1時ということもあり早めに現地入りして大町近辺の川をリサーチしてみることにします。
P7040001.jpg
しかし考えることは皆同じらしく、倉上さんを始め軍団の皆さんはとっくに集合場所も時間も決定済みでした。私がその集合場所である某駐車場についたのは夜中の2時半。
もちろんすでに出来上がってらしゃるようでしたが、場所を間違えたら不良なおっさん連の集会と間違えますね。酔えば陽気になる人達ですから安心なのですが、妖気まで発する人も居たりするので気が抜けません。
そんな話はおいといて、話はいっきに朝の籠川にワープします。
皆さんは鹿島川に行ったようなので、私は隣を流れる籠川をリサーチすることに。
橋の上から見た感じでは水量は多いが竿は出せそうか?と、しかしそれは甘かったようです。
籠川大橋から上流はスゴイ水量だったのでした。
P7040002.jpg
(↑朝の籠川。どひゃ~!)
それでもなんとか頑張ってみたのですが、釣れませんでした。
やはり、梅雨が明けてからの方が良さそうということで籠川リサーチはこれで終了。
まだ時間はあるしで、入渓点をいくつか確認しそそくさと鹿島川へ。
しかし入れるポイントはすでに皆さんのクルマがありましたので、上流域を見てきました。
がしかしそこは評判通り(?)でなんの音沙汰もないのでした。とにかく水が冷たいのなんの。手を入れて10秒待たずに手がキ~ンとしてきます。
ここもやはり夏の方がよろしいのです。というわけで午前の部はボウズでありました。
釣れない理由を水温のせいしたのですが、倉上さんを始めマチダさん、Gの男さんなどはしっかり型を見ていたのでした。

午後は高瀬川の葛温泉かじか荘に集合。
北の安曇野渓流会のミーティングに参加してきました。
峠を登る倉上軍団のクルマの列は、まるでコンボイのようです。
これはすごい、着いたら周囲を圧倒するかもなと思ったのは最初だけで、
着いてびっくり、駐車場はすでに満杯状態。
気の弱い私は、隅っこの空いているところにスゴスゴとクルマを入れたのでした。

開会式では、会長の石垣先生を始め、北安中部漁協組合長など数名の方々が挨拶をされておりました。
P7040003.jpg
ここ葛温泉下の区間をC&R区間に設定したいというのが趣旨のようでした。
もちろん真面目な式ですから会長のギャグはありませんでしたが、すかさず川に降りて講習会が始まったようでした。会長は講師も兼任しておられるようです。
なんとも忙しい会長ですが、椅子にジッと座らされている方がよっぽど気の毒かも知れません。
暫く橋の上から拝見してましたが、笑いが絶えないいつもの明るく楽しい講習会だったようです。
P7040004.jpg
(↑講習会の風景)
もちろん私も竿を出しました。
この場所は、いつきても型は小さいけど魚影が濃いです。
七倉ダムと大町ダムに挟まれた区間で水量も安定してます。
とは言ってもダムが完成する前の昭和40年代には大水でこの辺一体は流失したそうです。
目の前の宿も平成の時代なってやっと再建されたそうです。
急峻で谷深い地形ですから当時はものすごい暴れ川だったのが想像できます。
七倉ダムの上には更に高瀬ダムも控えてます。
ダムの3段構えであるところがまたそのすごさを物語っているようでもあります。
P7040006.jpg
(↑岩の下から温泉が湧き出てます。地熱で周辺は温かいのです。)

話を戻して、この辺はちょっと温泉臭いけど川虫も結構いますので水質には問題は無いようです。
そして小さいながらもイワナがポツポツと釣れました。
午後三時が一応の区切りとのことでしたので一端は上がることに。
しかし空気の読めない私は、区切りがどこだったのか結局わからず仕舞いでした。
渓流会に入会というお話も当然出るだろうという予測もしっかりハズレてしまいました。
ま、それは良いとして、夕マズメですがどこか別の川でと思っていたのですが引き続きこの場所でやることにしました。Gの男さんとコバヤシさんと共に、少し下流に降りてみました。
が、やはり出るのは小さめのイワナ。ヤマメももちろん出るのですが、
ハリ掛かりが浅く足元でバレるのが多いように感じました。
きっと私の毛鉤の流し方が悪いんでしょうね。ヤマメには全部バレバレだったようです。
P7040007.jpg
(↑毎度おなじみですが、よくてこのサイズ)
P7040008.jpg
(↑驚いた表情をしてます)
暗くなる寸前に、講習会の場所である淵で結構良い型のヤマメが出たようです。
粘り勝ちと言ったところでしょうか?
藤谷さんのヤマメ
粘って掛けた1尾!
(やったわ!とFさんが釣りました。撮影Gの男さん)
気が付けば釣り人は殆どおらず皆さん上がったようです。
石垣先生の姿もとっくに見えません。
たぶんこの後は、宿で講習の続きなどもあったのでしょうね。
キレイな感じの宿だったし、私も泊まれたら更に楽しい釣りになっただろうになあ・・などと思いながら
夜の大町市街を抜けて帰路に着いたのでした。
翌日の鹿島のイワナ
(翌日の夕方、Gの男さんが鹿島川で掛けたそうです。撮影Gの男さん)

おわり。

追伸:
そういえば大町ダムは龍神湖と呼ばれておりますが、大町市に伝わる伝説『犀竜と泉小太郎』にちなんだものだそうで、それがあの「マンガ日本昔ばなし」のオープニングで有名な、あの龍に乗った子供『龍の子太郎』なのだそうです。私は今まで知りませんでした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
来たの、安曇野。
お茶テンさん、強行軍お疲れ様でした。
前の晩は本流の増水を見てこりゃ釣りにならんとタカをくくって、
某所ので宴会で妖気を発しまくっておりました。
朝起きたら(起こされたら)みんな釣りに行ってしまってンだもんね。
鹿島川の冷たい水で目が覚めましたが、
午後は辛かったですねー。開会式の時にコックリいきそうになりました。
翌日の夕方の鹿島はそれなりの時があったので、
夏になりゃ、こりゃ結構、期待大、ですかな。
今回はさすがに疲れたので、近場のK川で
リハビリ予定であります。
【2009/07/08 20:44】 URL | Gの男@長野 #- [ 編集]

どうもどうも。Gの男さん。
当日はお世話になりました。
いや~疲れましたねえ。
鹿島川は真夏にリベンジですな。

近場のK川も良いところですよね。
楽しいリハビリを是非♪
私はちょっと充電が必要みたいです。
ではまた。



【2009/07/09 00:48】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]

やはり月イチ以上のペースですな。。。(^m^)

こちらもぼちぼち落ち着きつつあるので、そろそろリハビリ開始ですかね...ウヒっ♪
【2009/07/09 01:03】 URL | やまさん #mQop/nM. [ 編集]

そうですか。
落ち着いてきましたか。
それは良かったです。うひっ♪

【2009/07/09 13:01】 URL | お茶テン #ejuxMTXQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ocyanomatenkara.blog39.fc2.com/tb.php/95-f01331ea