石徹白便り♪

Gの男@長野
07 /26 2009
Gの男@長野さんが、石徹白で行われた鬼榊原さんの講習会に参加してきたそうです。
参加費に見合ったそれはそれは濃お~い内容だったそうです。
機会があったら皆さんもどうでしょうか?
dc072620.jpg
以下Gの男さんのレポートです。
天気は曇りから、時々かなり強く降ったり小雨になったりでほぼ一日雨でした。
石徹白ですが何しろ人が多いです。ほとんどフライマンですが、まるで世附川(神奈川県にある渓流です)に入っているみたいです。
サカナの出もちょいと渋くほとんどがチビアマゴのようです。
榊原さんの講習という事で、私の場合はポイントと自分の立ち位置のバランスの点を注意されました。
昼休みの時に投げ釣り用の15メートルテーパーナイロンライン(2,3メートルカットして)のキャスティング講習をやりました。
意外と飛ばしやすく、この夏は犀川水系本流のレインボウで狙ってみようかな、という気なりました。
夕マヅメは一押しのポイントという瀬に入りましたがやはり、厳しく、全般に苦労してました。
講習自体も個別のポイントをしっかり指摘して貰えるので、効果は出ると思います。
dc072603.jpg
(↑石徹白のイワナ。とても深い色をしてます。)
dc072610.jpg
(↑石徹白のアマゴ。ええ顔してます。)

以上でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

サーフキャスティング用のラインを振ったんですね。面白そうですけどそれなりの竿でないと穂先が心配になりますね。

長距離狙撃用にグッド!

こんにちは。いやー、行って来ましたよ。
本人の、全く気づいてない欠点を指摘して
頂けて、良かったですよー。今まで、悩んで我流で
対処していたつもりの問題が根本の部分で間違いが
あった事に気付かせて貰えました。
 サーフ用のテーパーなんですが、これが意外と
重さを感じず、普通のフロロの5~6Mを振ってるくらいの
重さ感で竿にも負担が掛かってません。お釣りも少なく、
良い事づくめのようですが、巻き癖をとってからでないとまず、
まともに振れないのとキャスティングの角度タイミングがずれると
いきなり飛ばなくなります。ツボにはなった時はもの凄く気持ちよく
伸びてきますよ。是非、お試しあれ。

なるほど。
試してみたいですが、フィールドが近くにありません・・・。
えっ?近くの川でですか??
マルタウグイなら釣れるかも知れませんがその前に人を引っ掛けてしまいそうですね。

それなら

長野にいらした時に、大田切の堰堤下か、
天竜本流のスーパーレインボーですね。

お茶テン

伝承毛鉤釣り「テンカラ」が好きです♪